銀座カラー

銀座カラーで途中解約することはできる?解約方法や返金額は?

脱毛を始めてみたけれど「思ったように効果が出ない」「忙しくて通う時間が作れない」「別のサロンを試してみたくなった」などと思うことがありますよね。

途中で解約することも考えるかもしれません。

しかし、実際に手続きをするとなると、サロンによってさまざまな手続きやルールがあったりして、不安になる人も多いと思います。

銀座カラーは、予約が取りやすくキャンペーンも豊富で、トップクラスの人気をほこる脱毛サロンです。
しかし、その一方で、解約のシステムが少し複雑になっているところもあります。

今まさに解約を考えている人、あるいはこれから契約を考えているという人も、ぜひここでその内容についてくわしく確認してみてください。

銀座カラーの料金システムは特殊な月額制

そもそも、銀座カラーでは料金システム自体が、ほかとは異なっています。

多くの脱毛サロンでは、月謝制で、施術ごとに料金を支払う形を取っています。
通うのをやめれば、それ以降は支払いは必要ないわけです。

しかし、銀座カラーでは契約金を分割払いしているだけなので、たとえば通っていない月があったとしても、毎月支払わなければいけないのです。
もちろん、何も言わずに通わなくなれば、最後まで支払わなければいけません。

同じように「月額」と宣伝されていても、その点が大きく違うので注意しましょう。

銀座カラーで解約するにはどのような方法があるのか?

もちろん、銀座カラーでも途中解約をすることはできるので安心してください。

では、ここからは解約の条件や方法についてみていきましょう。

解約はいつでも好きなときにできる

銀座カラーでは、解約に対して特別な条件は設けていません。
いつでも、好きなタイミングでやめることができます。

ただし、解約手数料が最大で2万円必要になります。

クーリングオフなら全額返金も可能

クーリングオフというのは、一度契約した商品やサービスでも、8日間以内であれば無条件で解約できる制度のことです。

訪問販売や電話勧誘販売などから消費者を守るために作られた制度ですが、勧誘を受けることの多いエステティックサロンのサービスも、その対象となっています。

8日間以内という条件にくわえ、さらにエステティックサロンの場合は、契約内容が1カ月より長く、5万円を超えていなければいけません。

ただし、銀座カラーのコースは基本的にどれもこの条件に当てはまるので、クーリングオフは適用されると考えてよいでしょう。

ちなみに「8日以内」というのは契約を行った日からではなく、契約書を受け取ってからの期間のことです。

クーリングオフが適用されれば、全額が返金されることになります。

実際に解約をするときの手続きの方法は?

実際に解約するには、どのように手続きを行えばよいのでしょうか。
銀座カラーでは、店舗で直接申し込む以外にも、電話による方法が用意されています。

店舗で解約を申し出る

店舗で直接解約の手続きを行うときには、印鑑と銀行口座の情報、あるいはクレジットカードの情報が必要です。

解約を引き止められるようなことはありませんが、解約理由をたずねられます。

効果がなかったから、とは言いにくいという人は、お金の都合がつかなくなった、引っ越しで通えなくなった、などと答えておけばよいでしょう。

コールセンターに解約を申し込む

銀座カラーでは、コールセンターでの解約も受け付けています。

多くのサロンでは、コールセンターに連絡したあと、あらためて店舗で手続きを行わなければいけません。
銀座カラーでは、電話だけで済ませられるのが大きなメリットといえるでしょう。

特に、顔なじみになったスタッフには、途中解約もなかなか言い出しづらいですよね。
そんな人には、電話での手続きをおすすめします。

電話番号と受付時間は、以下のとおりです。

  • 電話番号 0120-360-286
  • 受付時間 平日 12:00~21:00 土日祝 10:00~19:00 (年末年始はのぞく)

毎月1~5日は電話がつながりにくいので、避けたほうがよいでしょう。
また、電話場番号と受付時間が変更されることもあるので、事前に公式サイトも確認してみてください。

銀行口座とクレジットカードの情報も忘れずに用意しておきましょう。

電話でも引き止めはありませんが、やはり解約の理由はたずねらるので、心の準備はしておいてください。

クーリングオフは書面で解約を申し込む

クーリングオフで解約する場合には、はがきなどの書面による解約が必要です。

これは、トラブルになることを想定して、あらかじめしっかり記録を残しておくことが目的です。
郵送方法には、簡易書留か、記入した内容が分かる内容証明、さらに相手が受け取ったことを確認できる配達証明付などを利用しましょう。

記入事項は、以下を参考にしてください。

  • タイトル:「クーリングオフ通知書」
  • 契約を解除する旨:「以下の契約を解除します」など
  • 契約年月日
  • 商品(コース)名
  • 契約金額
  • 販売会社:「株式会社エム・シーネットワークスジャパン」「(店舗名)」「(担当者名)」
  • 郵送年月日
  • 住所
  • 氏名

宛先も店舗ではなく、「株式会社エム・シーネットワークスジャパン」になります。

クレジットカードで支払いを行っている場合は、合わせてクレジットカード会社にも送っておくと、よりスムーズに引き落としを停止することができます。

文面は消えないようにボールペンを用い、書面は宛先までふくめてコピーを取っておきましょう。

途中でコースを変更したい場合も解約になる?

コース変更の場合も、無制限など回数の多いものに変更することはできないので、いったん解約してから行うという形になります。

短くする場合には、コールセンターに連絡して、変更を申し出てください。
ただし、初回キャンペーンや割引などを利用していると、難しいこともあります。

変更によってどうなるかは、スタッフによくたずねておきましょう。

返金はどのようにされる?

解約の手続きが済んだら、気になるのは返金ですよね。

銀座カラーでは、違約金はありません。
ただし、解約手数料がかかるので、その点について確認しておく必要があります。

返金されるまでの期間は

指定した口座に振り込まれるまでには、だいたい2~3週間ほどかかります。
これ以上時間がかかる場合は、コールセンターに連絡してみましょう。

返金される金額はいくらになる?

返金される金額は、クーリングオフが適用されれば100%、それ以外の場合は利用した分の料金と最大で2万円までの手数料が差し引かれます。

解約手数料は、使用していない分の脱毛料金の10%分です。

つまり「施術回数×1回分の料金」と「未使用分の料金×0.1」を差し引いた分が、返金される金額になるわけですね。

単純な例を挙げると、6回払いで12万円のコースを3回利用したときは、残り半分の料金が返金されます。
ただし、解約手数料が2万×0.1=2,000円分が引かれるので半額にはなりません。

短期コースで途中解約する場合には、1回あたりの料金が高くなるので、それだけ解約金も高くなることに気をつけてください。

また、解約では1回あたりの金額を出すときに、コースの回数は最大6回とされてしまいます。
つまり、10回のコースで12万円だった場合、本来であれば1回あたりは1万2,000円になるところが、実際には12÷6=2万円とされてしまうのです。

回より多いコースで、すでに6回以上通っているときには返金がゼロになってしまうので、途中解約してもあまり意味がありません。

解約しても返金額が少ないケースも…しっかり確認してから解約を!

銀座カラーでは、解約にかかるコスト計算がかなり独自の方法となっています。
そのため、ほかの脱毛サロンにくらべると、返金額が全体的に少なくなってしまうケースが多くなっています。

できれば、あまり途中解約しないように、あらかじめしっかりコース内容などを確認しておいたほうがよいでしょう。

ちなみに、解約する理由でもっとも多いのが「効果が感じられない」というものです。
ただし、じつはその多くが2~3回しか施術を受けていない、というパターンです。

基本的にレーザー脱毛では、そのくらいの回数では実感しにくいものです。
根気強く通いつづけることも考えるようにしましょう。

【回数・効果は?】もっと知りたい銀座カラーの全身脱毛【ミュゼ、脱毛ラボよりもお得って本当?】