銀座カラー

明日は銀座カラーで全身脱毛!前日の「自己処理」はどうやるの?

銀座カラーは、価格も安く人気の脱毛サロンです。
そのため、興味のあるかたは、多いのではないでしょうか。

銀座カラーは、施術前に「自己処理をしてきてください」と言われます。

しかし、自己処理をどのようにすればよいのか、剃り残しがある場合は脱毛してもらえるのか、シェービング料金はかかるのか、不安になるかたもいるのではないでしょうか。

この記事では、銀座カラーのシェービングについて、紹介します。

剃り残しがあったり、処理を忘れたときは?

銀座カラーでは、剃り残しがあったり、処理を忘れたときは、どうなるのでしょうか。
銀座カラーの対応をくわしく紹介します。

シェービング代は無料

銀座カラーは、手が届かない部位の剃り残しは、シェービング料金がかかりません。
自己処理をしていない場合は、施術ができないので注意してください。

手の届かない、襟足・背中・腰・お尻・Oライン(ヒップ奥)は自分では処理しにくいため、剃り残しがあってもスタッフがシェービングしてくれます。

しかし、手の届く部位のシェービングはおこなっていません。
自己処理ができていない部位は、次回に脱毛するため、剃り残しがある部位を避けて照射することもあるようです。

また、シェービングのさいは、注意点があります。
銀座カラーでは、衛生面を考えてシェーバーの使いまわしはしません。

そのため、フェイス用のシェーバーを持参する必要があります。
ボディ用のシェーバーやカミソリでは、処理してもらえないので注意しましょう。

忘れてしまった場合は、店頭で売っているシェーバー(3,000円程度)を購入することができます。

施術を受けられない場合もあります

自己処理を忘れてしまったり、できなかった場合はキャンセル扱いになり施術を受けられないこともあるのです。

回数制の場合、1回分の施術が消化になってしまうこともあるので注意しましょう。

せっかく自己処理を行ったのに、すでに伸びてしまった場合も同様です。
毛量が多いかたは、前日に自己処理をするのがおすすめです。

この部位の剃り残しに注意!

剃り残しが多い、部位を紹介します。
自己処理をするさいに、以下の部位を意識しながら処理するとよいでしょう。

あご下、もみあげや首との境を忘れがちです。
デコルテ、胸下、へそまわり、肩まわり
細い産毛のため、見えづらいので注意しましょう。
手首、ひじ
骨ばった曲線部分のため、シェーバーを優しくフィットさせましょう。
ヒップの境目、足の裏側真ん中あたり、太もも後ろ側
ここも見えづらい場所です。
角度を変えながらゆっくり剃ってみてください。
手や足の指
意外と見落としがちなので、剃り忘れに注意しましょう。

手が届きにくい部位の自己処理のやり方

顔や腕、ひざ下などは、自己処理しやすい部位です。
しかし、自分でも見えにくい部位は手が届きにくいため、処理が大変ではないでしょうか。

ここでは、自己処理のやり方を紹介します。

デリケートゾーンの自己処理

VIOは、とくに見えづらく、最も自己処理が難しい部位です。
見えずらいため、鏡を置いて自己処理をしてください。

とても敏感なので、シェービングの刺激で肌を傷つたり、毛穴が炎症したりすることもあります。
ムダ毛を短くしたあとに、シェーバーで剃りましょう。

毛の流れに合わせて、上から下に剃ると、毛穴への負担を最小限にできます。

では、VIOの処理ポイントを紹介します。

Vライン

長い毛が多いVラインは、先の丸いハサミで切ります。

そのあと、シェーバーでより短くなるように切るとよいでしょう。
ムダ毛を短くしたら、毛の流れに合わせて、上から下に動かすように剃るのです。

脱毛サロンでは、Vラインを整えた型にそって光を当ててくれます。

もし、全体の毛量を減らしたい場合は、2回目くらいまでは全剃りし、そのあとの型は、スタッフに相談するとよいでしょう。

Iライン

Iラインは、明るい場所で自己処理します。
最初に、鏡をIラインの前に置き、片足を上げて鏡に映しながら剃るようにしてください。

電気シェーバーを持っていない手で、皮膚を外側に引っ張りながら剃るとよいです。
シェーバーの刃が肌に密着し、皮膚に負担をかけずに剃れます。

また、Iラインは粘膜部分に近く、とてもデリケートなので傷つけないように、慎重にシェービングしましょう。

粘膜に、電気シェーバーの刃が向かないように、内側から外側に向かって動かすことがポイントです。

鏡に映りにくい部分は、手で触ってみて剃り残しの確認をしましょう。

Oライン

Oラインの自己処理は、ムダ毛をおおまかに短く切ります。

Oラインは、皮膚を引っ張りながらシェービングしていきましょう。
左を剃るときは、左足を開いて右を剃るときは、右足を開くと剃りやすいようです。

そのあとは、後ろから剃ったりとOラインの周りを剃っていきます。
深く剃り過ぎたり、シェーバーの刃を押し当てないように注意しましょう。

何を使って処理すればいいの?

自己処理に欠かせないのが、細かい部分まできれいに剃れる「フェイス用のシェーバー」です。

シェーバーの形は、刃がギザギザのものを選びます。
刃が直線のものは、電動であってもカミソリの扱いになるので、危険です。
カミソリは、肌を傷つけるため、施術後の肌にダメージが大きいため使わないでください。

おすすめのシェーバーは、フェリエ(ウブ毛・マユ用)です。
価格も1,090円(税込)とリーズナブルで、ネットや家電量販店でも購入できます。

また、毛抜きやワックスなどで「抜く」処理もやめましょう。

毛を抜くと光脱毛の光が反応する、黒色がなくなってしまうので、効果が得られません。
さらに、ムリに毛を抜くと肌にダメージを与え、毛周期を変えてしまうので、脱毛のタイミングがくるってしまうこともあるからです。

どのくらいの長さまで処理すればいいの?

光脱毛の効果が得やすいムダ毛の長さは、1~2㎜といわれています。

これ以上、ムダ毛が伸びていると毛根までレーザーが届きにくく、脱毛効果が下がってしまうのです。

いつ処理をすればいいの?

自己処理をするタイミングは、脱毛する前日がおすすめです。

とくに、脱毛をはじめたばかりは、毛の成長が早く2日以上前の自己処理では、伸びてしまう可能性があります。

最初は、脱毛する前日に自己処理を行うのがよいでしょう。
また、当日の自己処理は肌が赤くなるといったトラブルにつながることもあります。

顔やVIOなどのデリケートな部分は、トラブルが起きやすいので、前日に行いましょう。

そのほか施術前に気をつけることは?

自己処理が、できていても施術が受けられない場合もあります。
施術前に、気をつけることを紹介するので参考にしてください。

日焼け

光脱毛は黒いものに反応するので、日焼けして肌が黒い時や肌の状態が悪い時は施術できない場合があります。

ボディクリーム、スプレーはNG

油分の多いボディクリームやスプレーは、光脱毛の効果が届きにくくなります

薬の服用、塗布は控える

持病などで薬の使用がある場合は、施術ができない場合もあります。
事前に、スタッフさんに相談しましょう。

自己処理は慎重にやりましょう

銀座カラーの脱毛は、美肌になるといわれているようです。

せっかくの脱毛も、自己処理が甘いと効果が下がってしまいます。
また、剃り残した毛が長いと痛みを感じることもあるようです。

脱毛効果を得るために、前日の自己処理は丁寧に、できるだけ出ている毛が短くなるように処理しておくとよいでしょう。

脱毛当日の肌も脱毛効果に、大きく影響します。
そのため、普段からしっかり保湿ケアも心がけておきましょう。